親への罪悪感と自己否定


不登校の子供たちが抱える悩み

「子供がなぜ学校に行けなくなったのか?」を知りたくて「何か学校であったの?」と何度も聞いている親御さんは多いのではないでしょうか。

そして「学校へ行けない理由を言わない」「聞くたびに理由が違う」「学校に行けなくなった問題が解決したのに、学校に行こうとしない」など子供の態度に「何を考えているのか分からない!」と悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

親としては「何か問題があるのであれば、その原因を解決して、子供が学校に行けるようにしてやりたい」と思うのですが、学校に行けない理由を子供に繰り返し聞くことは、子供を心理的に追い込んでしまうことになるので、不登校になった当時は特に、そっと見守ってあげましょう。

学校に行けなくなった理由はさまざまですが、不登校の子供たちが思っていることは共通しています。

では、どのようなことを子供たちは考えているのでしょうか。不登校脱出講座の受講生の事例から、共通する子供たちの悩みを挙げてみたいと思います。

・みんなはイヤと思っていてもやれているのに、自分はできない。
・イヤと思ってやらない自分はダメな人間だ。
・どうせ自分なんて社会に出てもやっていけない。勉強する意味なんて自分にはない。
・自分は文句ばかり言って何もできない。
・自分のことが大嫌い!私は最低な人間だ?
・自分は価値のない人間だ!消えてなくなりたい…。
・お母さんの子供が自分じゃなかったら良かったのに…。お母さんも本当はそう思っているはず…。
・でも本当は、親に自分の気持ちを分かってもらいたい。
・幾度も親に話したけれど伝わらない。ケンカになって、聞きたくもない言葉を親から聞く羽目になってしまう。
・もうこれ以上、傷つきたくない。もう疲れた…。
・自分がこんな人間だと親が知ったら、きっと自分のことを嫌いになる。
・でも本当は助けて欲しい。お母さんに甘えたいし安心したい。
・でもどうしたら良いのか分からない…。

このような考えが、子供たちの頭の中でぐるぐると回っていて、1人で苦しんでいます。

そして「親には絶対に、私の、僕の、気持ちは分からない」と思っているので、親のには本音を話さないのです。

「学校に行かなければならない」という現実や、親の「学校に行って欲しい」という気持ちは子供も十分に分かっています。
だからこそ、子供たちは、自分を否定し、親に対して罪悪感を感じているのです。


◇連絡先
静岡カウンセリングルーム~hazama~
〒439-0006
静岡県菊川市堀之内1600 3F

お問い合わせはこちら

2024年4月9日